アメリカCDC疾病対策センター「濃厚接触者の隔離やめます!学校での定期的な検査もやめます!」「重症化と死亡のリスクが大幅に低下した、死亡率0.4%」

K10012301611_2002260638_2002260643_01_02

0 :ハムスター速報 2022年8月15日 09:23 ID:hamusoku
米疾病対策センター(CDC)は11日、新型コロナウイルスの感染対策として取り入れる規制の一部を緩和すると発表した。感染者と濃厚接触した場合の隔離基準を撤廃するほか、学校での定期的な検査推奨も取りやめる。新型コロナの重症化リスクが低下するなか、経済や社会活動の正常化を優先する。

CDCは11日に感染対策のガイドラインを改定した。規制緩和については「重症化と死亡のリスクが大幅に低下した」と理由を説明。CDCのマセッティ博士は「パンデミックは終わっていないが、新たなガイドラインで新型コロナが日常生活を妨げないようにする」と述べた。

米ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、米国の新規感染者数に対する死者数の割合は2月上旬で約1.6%だったが、8月上旬には約0.4%にまで低下した。

今回の緩和で、感染者と濃厚接触しても自主隔離の必要はなくなる。
幼稚園から小中高までの教育機関に推奨していた定期検査もなくす。CDCは学校のような人が集まる場所では、定期的に集団検査を実施するよう指導してきた。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63379410S2A810C2MM0000/

Source: ハムスター速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。